福祉住環境コーディネーターの仕事とは

福祉住環境コーディネーターとは高齢者や障害者が
快適に生活出来る住環境を提案するコーディネーター
です。

介護保険の導入に伴い、高齢や障害などで住みにくい
住環境を改善するための改築が一部保険の適用と
なり、この福祉住環境コーディネーターの仕事が
注目されています。

比較的他の仕事や資格と併用して活躍する
福祉住環境コーディネーターは、バリアフリーの工事が
得意なリフォーム業者から福祉用具や家具の販売などの
ほかにも各介護福祉施設などでの活躍も期待される
介護や福祉に関連するところでは、必要不可欠な
資格になっています。

現在これらの仕事に関わる人には次のステップアップに、
これから転職や就職に役立てたい人には内定の優遇処置など
福祉住環境コーディネーターは取って損の無い資格です。

福祉住環境コーディネーターはどんな人が取るのか

福祉住環境コーディネーターの試験を受けた人で
特に多いのがホームヘルパーと介護福祉士の資格を
持つ人です。

福祉住環境コーディネーターは1級から3級まで資格が
あり、特に2級と3級の福祉住環境コーディネーター資格を
受験した人でその傾向が高く出ていました。

それぞれ介護や福祉の現場で必要性が出ている2級と
3級の資格で顕著に見られました。

ただ、1級の福祉住環境コーディネーター試験では
ほぼ横並びではあるものの、建築士の資格を持った
人が受験するケースが高くなっていました。

これは福祉住環境コーディネーター1級の資格が
リフォーム等の住環境整備などの現場で求められている
ことがわかります。

ちなみに3級の資格について最も受験者が多かったのは
短大や専門学校生、ついで多いのが大学生、それに続いて
個人で多かったのが専業主婦でした。

就職に役立つ福祉住環境コーディネーターの資格が
学生や主婦に人気が高いことがここからもわかります。

福祉住環境コーディネーターになるために

Copyright (C) 2008 福祉住環境コーディネーターになるために 資格から求人まで. All Rights Reserved.