サービス提供責任者の資格

サービス提供責任者の資格は下記の3つのどれかにあてはまる
ことが条件です。

・介護福祉士の資格を取得している
・訪問介護員養成研修1級(ホームヘルパー1級)の修了者である
・訪問介護員養成研修2級(ホームヘルパー2級)の修了者で、
  実務経験3年以上でかついつ労働日数が540日以上の者

これらに当てはまる人がサービス提供責任者になることができます。

サービス提供責任者の資格を取るために

サービス提供責任者になるためには、ホームヘルパーの2級を取って
3年以上経験を積めばなることが出来ますが、ホームヘルパーでは
基本的に派遣やアルバイト・パートなどの勤務形態で働くのが
一般的です。

雇用形態の問題は深刻で安定しない給与やその日暮らし的で
先々の保証が無いところで正社員として働けるサービス提供責任者の
仕事は非常にメリットがあります。

介護の仕事は少なからず人とのコミュニケーションが重要な仕事で
あり、サービス提供責任者は、さらにそれらを円滑に勧めるために
必要な仕事です。

どこでもサービス提供責任者の人手不足は深刻で、求人が見つかりやすく
安定した仕事である点も人気の理由です。

ホームヘルパー/高齢化社会に打ち勝つ資格と求人MENU

Copyright (C) 2008 ホームヘルパー/高齢化社会に打ち勝つ資格と求人. All Rights Reserved.