サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは訪問介護事業所で配置することが義務
付けられている責任者の音です。

サービス利用者の訪問スケジュールやヘルパーの技術的な指導を
行うこともあります。
常勤で働く管理職といったイメージの強いお仕事ですが
直接訪問介護を行う事もあります。

どの事業所でも必要になる資格で介護福祉士やヘルパー1級を取って
サービス提供責任者になるのが一般的です。

サービス提供責任者の仕事

サービス提供責任者のお仕事は利用者への訪問介護スケジュールの
作成や、福祉施設のケアマネージャーとの打ち合わせなどの他にも
ヘルパーが急に休んだ時などに、代わりに在宅介護を行うことも
あります。

また、ホームヘルパーの技術指導など他のヘルパーを育てる
教育係としての側面ももっています。

サービス提供責任者の仕事はケアマネージャーとの連携が
もっとも大事とされ、上手に連携することでスムーズな
介護サービスを提供していきます。

ケアマネージャーの立案したケアプランにそって介護サービスが
提供できているかを管理するお仕事です。

サービス提供責任者になるためには

ホームヘルパーの二級を取って3年以上の経験を積むか、ヘルパー1級、
もしくは介護福祉士になるのが近道です。

資格の取りやすさではホームヘルパー1級を取るのが最短で
比較的楽にサービス提供責任者になることができます。

ホームヘルパー/高齢化社会に打ち勝つ資格と求人MENU

Copyright (C) 2008 ホームヘルパー/高齢化社会に打ち勝つ資格と求人. All Rights Reserved.