ホームヘルパー1級,ホームヘルパー二級資格と求人

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーは一般的な認知度の高い、在宅ヘルパーや
デイサービスセンターなどの施設ヘルパー以外にも様々な場で
活躍が期待される職業です。

ケアマネージャー(介護福祉士)等が作成するケアプランに沿っって
主に高齢者や心身障害者など生活する上で不自由のある方を
サポートするお仕事です。
ホームヘルパーになるためには厚生労働省が認定した講習事業者で
講習を修了・その後認定されることで資格がとれます。

ホームヘルパーは試験を取る訳ではなく、講習を受けることで
誰でも取れるため非常に人気があります。

ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパーは仕事の形態によって2種類あります。

介護利用者の家に訪問して、1時間から数時間程度滞在する
滞在型と1件あたり数十分程度の実働で8時間働く間に
10件以上の介護利用者の家を順番に回り、床擦れを治し
おむつを替えたり、健康状態や安否の確認などを行う
24時間巡回型の勤務形態があります。

仕事の内容としては、生活支援と言われる掃除や洗濯、食事などの
日常生活をフォローする内容の介護と食事や排泄の介助や寝たきりの
方の体位交換などの身体介護で、内容が変わります。

現在ホームヘルパーが行う仕事としては24時間巡回型の
もので、未経験者などは最初生活支援の介護から始めて
次第に身体介護の仕事なども行って行くようになります。

実際の仕事をする時には、ホームヘルパーになって間もない
未経験やそれほど経験が無いうちは、登録しておいて
直接依頼者のお宅に訪問して、報告書を作成して帰宅する
いわゆる直行直帰の勤務形態が多くなります。

派遣会社などに登録して仕事するのが一般的でしょう。

ある程度経験を積み、介護福祉士やホームヘルパー1級を取る
位になると、正社員として各介護会社に入り、それぞれ現場の
ホームヘルパーの管理や指導、スケジュール調整などを
行うコーディネーターと言われる仕事が出来るようになります。

ホームヘルパーになるためには

ホームヘルパーの二級と三級には資格を取るための、経験や資格などは
必要ありません。

誰でも取れてすぐに仕事で役立つホームヘルパーの
資格を取って是非役立ててください。

ホームヘルパー/高齢化社会に打ち勝つ資格と求人

Copyright (C) 2008 ホームヘルパー/高齢化社会に打ち勝つ資格と求人. All Rights Reserved.